合格実績

湘南白百合学園小学校 Rさん

英検4級合格


花水小学校 Kくん 

平塚中等教育学校合格


平塚中等教育学校 Aさん

英検3級合格


<<教え子K.Mさんの合格体験記>>

 

堀口塾に入ろうと考えている生徒さんへ

 

私は、高校2年生の夏まで、全ての科目、偏差値が30前後でした。私は、東京の板橋にあるJ学園の中でも、クラスの中の成績が最下位でした。当時の私は一日平均、学校が終わり4時間は勉強していました。しかし、成績は一向に上がらず、クラス全体の平均点を下げていました。成績トップの方には、「お前が平均点を下げている」と馬鹿にされて、教材をゴミ箱に捨てられました。

 

運命を変えたのは、高校2年生の冬期講習です。ある大手学習塾の物理の講座を取ったときに、はじめて堀口先生に出会いました。先生の授業では、学校と違い、非常に基礎的な部分を学習していました。習っている当初は、「こんな問題簡単だ~」と考えていました。高校3年生になったときも、基本的な部分を学習していたため、本当に入試に間に合うのかが不安になりました。しかし、先生は「基礎を怠るな、ゆっくりで良い、自分のペースでコツコツと理解することが大事」と言っていました。学校を信じることが出来ず、先生の授業が私の勉強の駆け込み寺になっていたので、今自分が為していることを信じました。

 

その結果、入試まで残り4か月となった10月の模擬テストでは、成績が急上昇し、偏差値が38→65まで伸びました。これには周囲も驚きでした。ただ、私は、基本的な部分を何度も復習し、講義で習ったものと似た例題を通じて、本当に自分が理解しているかを確認していることを行っていたので、自分は特別なことをしたつもりはなく、自然と上がったという形でした。成績が上がったのは堀口先生の授業を受けてから、9か月後のことでした。受験する時には、物理と英語が得意科目となり、数学も偏差値が60前後になりました。これにより、私は、東京理科大に現役合格することができました。

 

私は、この受験時期に生き方も教わりました。楽しむ力を育むこと、そして自分で考えながら目的意識を持って行動することです。私は鉄道を利用して一人旅することや写真を取ることが楽しみでした。2週間に1回は旅に出ていました。その結果、勉強にもやる気が出るようになりました。受験に関わらず、これから社会を生きる上で、自分を自分で制しながらも、如何に自分のやる気を引き出すかが本当に大切になってきます。好きなことを我慢し、嫌々ながら目標を達成するやり方では結果的に何事も進展しない、楽しみながら目標を達成するやり方を目指すことで生産性が向上するということも先生は教えてくれました。当時、学校は「遊び禁止、遊ぶ者は受験に落ちる」と言っていましたが、先生は、「遊びは大切、リフレッシュをしなさい」とアドバイスをしてくれました。

 

また、言葉の重要さを堀口先生は教えてくれました。夏期講習のとき、学校の先生の授業スタンスに不満を持っていたことから、愚痴をこぼしていました。さらに、自分が「不合格になったらどうしよう」と怯えていました。この時、堀口先生が「文句ばかり言うな、ネガティブなことばかり言うと落ちるぞ、二度とネガティブなことを言わないと約束して!!」「ポジティブな言葉は君を活かしてくれる」と怒ってくれました。引き寄せの法則という言葉があるように、ネガティブな言葉はネガティブを引き寄せ、ポジティブな言葉はポジティブを引き寄せます。当時の私は、そのようなことに気づかないでいたので、受験期を境に生き方が大きく変わりました。

 

学校や大手学習塾では、詰め込めるだけ知識を入れて目先の点数だけを上げることが目的となっているところもあります。これでは、大学に入っても燃え尽き症候群になってしまいます。今の日本では、良い大学に入るのがゴールではありません。どのように社会に貢献するかが問われている時代でもあります。同時にどう生き抜くかも問われている時代でもあります。自ら考え行動することがますます重要になっています。実際に、私の大学でも目的意識を失い、博士課程まで習いながら、職に就けなかった人もいます。また、私が高校を卒業した後、飛び降り自殺してしまった生徒もいます。堀口先生は、こうした社会事情を知り、生徒である私が今後どのように生きていけば良いかを真剣に教えてくれていたのではないかと思います。

 

K.M

 

 

 


〒254-0811 神奈川県平塚市八重咲町 3-30

電話番号 0463-68-6968

個別指導塾 堀口塾